牡丹・芍薬専門HP>侍が育てていた芍薬の歴史



芍薬は、牡丹が「花王」と呼ばれるのに対し、
花の宰相、「花相」と呼ばれ、何かと比較されてきました。

芍薬は、牡丹の次台と使われ、芽が出れば
いけないものとして、つまれてしまい、
かわいそうな感じの花です。

しかし、芍薬自体、とても美しく、
昔から愛好家はたくさんいたようです。
芍薬の原産地は中国ですが、宋代に育種が始まりました。

牡丹と同様に、始めは、生薬として、育てられていましたが、
次第に、花を干渉するようになりました。

日本に入ってきたのは、延喜年間のころといわれます。
徳川二代将軍秀忠の時代には武家庭園に愛用され、
茶花として、鑑賞されていました。

特に、肥後で栽培され、「肥後六花」のひとつとして、
「肥後芍薬」として、独自の品種が栽培されました。

又、明治時代に、伊藤東一が黄色い品種を作り出し、
注目を集めました。

芍薬は、日本だけでなく、ヨーロッパやアメリカにわたり、
それぞれの国で独自の品種を生み出しています。

それぞれの品種の特徴については、
あとで詳しく書いていきます。

牡丹・芍薬専門HP

トップページ
私の牡丹・芍薬との出会い
始めは薬だった・牡丹の歴史
侍が育てていた芍薬の歴史
高貴な家しか持てなかった牡丹の家紋
牡丹・芍薬柄の着物は、いつ着ればいいの?
牡丹・芍薬の花言葉と「立てば芍薬座れば牡丹」の意味は?
牡丹の種類と苗選びのポイント・あなたはどんな花が欲しいですか?
苗選びの参考になる!赤系牡丹の品種と特徴
苗選びの参考になる!ピンク系牡丹の品種と特徴
苗選びの参考になる!紫系牡丹の品種と特徴
外来種の多い黄色系牡丹の品種と特徴
苗選びの参考になる!白系牡丹の品種と特徴
珍しい黒系牡丹の品種と特徴
特別品種と新種の牡丹のご紹介
日本の牡丹とは一味地がう、中国品種牡丹
秋に購入した牡丹苗の育て方と植替えのポイント
【牡丹の植替え@】植木鉢に牡丹を植えよう!!
【牡丹の植替えA】牡丹にあった土・肥料は?
【牡丹の植替えB】枯れてしまわない植え方のコツ!
【牡丹の植替え・番外編】牡丹がすぐ枯れてしまう理由
【牡丹の植替えC】春買ってきた牡丹の鉢は、絶対にこうしてください!!
【牡丹の育て方@】花は、さっさと取ってしまい、お礼肥をあげよう!
【牡丹の育て方A】水遣りは、多すぎず、少なすぎず!
【牡丹の育て方B】芽かきは必ずしよう!
【牡丹の育て方C】病害虫対策も忘れずに!!(病気編)
【牡丹の育て方D】害虫対策・こんな虫が怖い!
【よくある質問@】牡丹の葉が枯れてきたのですが、大丈夫ですか?
【よくある質問A】牡丹の花が咲きません!
【よくある質問B】牡丹と芍薬の芽の違いがわかりません!
【良くある質問C】寒牡丹とは、どういう牡丹の事ですか?
【良くある質問D】牡丹と芍薬の違いは?
和芍と洋芍の違い・咲き方で見る!芍薬の種類@
洋芍に多い半バラ咲き・咲き方で見る!芍薬の種類A
上品な美しさ和芍薬の品種と特徴
香り高い洋芍の品種と特徴
色鮮やかなハイブリット芍薬の品種と特徴
素朴さで人気のヤマシャクヤクの品種と特徴
幻の黄色い芍薬を作った日本人
【芍薬の育て方@】芍薬を植える土・肥料は?
【芍薬の育て方A】芍薬の上手な植え方
【芍薬の育て方B】芍薬は株分けをしないとダメ!
【芍薬の育て方C】芍薬のかかり易い病気と害虫対策
【芍薬の育て方・番外】芍薬の花が咲かないのは?気をつけたいこと
【牡丹エキス・美容効果】女性に優しい育毛効果と美肌効果のあるボタンエキス
【牡丹皮・薬用効果】アンチエイジング効果のある牡丹皮!
芍薬の効能は、白芍と赤芍では違う!
【赤芍の薬効】血液サラサラ効果でコレステロールを下げる!!
【白芍の薬効】エストロゲンの分泌を促し、女性特有の症状に効く!
乳がんの治療に芍薬のエストロゲンは影響しないのか?、
【代表的な漢方】あっと言うまに痛みを止めたいときはこれ!!
【ペットの為の生薬】愛犬の精神安定とデリケートな皮膚の保護にお薦めです!

その他

リンク募集中