牡丹・芍薬専門HP>【牡丹皮・薬用効果】アンチエイジング効果のある牡丹皮!



生薬として内服液としてのボタンピ(牡丹皮片)の効果は、
清熱涼血・抗菌作用・降圧作用、
月経を発来する作用があります。

血行を促進する働きがあり、
月経痛、頭痛、腰痛などに効果があります。
降圧作用があるので、ストレスをともなう
高血圧症・動脈硬化症に用いられます。
つまり、アンチエイジング効果です

■トマトに含まれるヘスペリジンは、
血管の健康にの重要な栄養素が含まれています。
毛細血管の強化、
血中コレステロール値の改善効果、
血流改善効果です。
血行をよくする効果もあるので、
冷え性や肩こりにも効きます。
そして、抗アレルギー作用、
発ガン抑制作用などもあるといわれています。
トマトの血液サラサラ効果  (トマトランド)

■アンチエイジング効果は、成長ホルモンを活性化させることで、
内臓昨日や美容のあらゆる若返りが可能です!
成長ホルモンで若返る!

■酢にはアミノ酸が多く含まれ、高血圧予防・血液サラサラ効果
成人病予防効果・がん予防・ダイエット・美肌効果
などたくさんの若返り効果が期待できます。
酢の健康・美容・万能力 http://www.kenkou-su.net/

主に次のような症状に用いられます。
●発熱・自汗・頭痛・目の充血・月経不順・ある型の慢性肝炎
●急性虫垂炎に、牡丹皮の消炎の効能を利用する。
●鼻出血・吐血(炭にすると止血効果が強まる。)
●打撲捻挫による内出血

更年期障害による、顔面のほてり、のぼせ、発汗といった
末梢血管の拡張による
自律神経症状に対して、効果があります。

血液循環改善や抗炎症の効果に特徴があります。


実際の薬には次のようなものがあります。

■温経湯、桂枝茯苓丸、加味逍遥散
これらは、女性の特有の症状に効きます。
効能・・・月経不順、月経困難、こしけ、更年期障害、
     頭重、不眠、神経症、湿疹、足腰の冷え、
     しもやけ、肩こり、冷え性

桂枝茯苓丸は、体力のある女性向
加味逍遥散は、体力のない女性向です。
加味逍遥散は、精神症状、便秘改善もあります。

★貧血や冷え性には、人参を食べることで改善されます。
こちらも参考にご覧ください。
貧血や冷え性にいい人参 (にんじん百科)

★薬用にんじんのサポニンは、消炎作用でで、解熱、ニキビ治療効果があります。
又副腎皮質ホルモンの分泌を促し脳中枢抑制し、
脳中枢興奮・精神安定・催眠延長の効果があります。
漢方人参のサポニン効果 (にんじん百科)


■女性に優しいアミノ酸。
ニキビを治し、生理通を改善。
生理時のイライラや精神状態を安定させ
つわりなども抑える効果のあるアミノ酸です。
うつ状態や、不眠症の改善にもなります。
セロトニンの効果 (若返りホルモン)

★モーツァルトの音楽は、血流をよくして、冷え性の予防・改善に役立ちます。
その結果、美容にも役立ちます。
血液循環系の疾患の予防 (体に効くクラシック音楽)

又、クラシック音楽には、精神を安定させる効果があります。
こちらを参考にしてください。
体に効くクラシック音楽
★リラックスの具体的方法については、こちらも参考になります。
リラックスについて (集中力で治る!あがり性)


■モルトビネガーは、通常の効果に加え
ビタミンB1・ナイアシン(ビタミンB3)
を含むことで、イライラや精神的不安を抑制し、
ストレスによる疲労回復効果があります
モルトビネガーの健康効果 (酢の健康・美容・万能力)

■きび酢は、他の酢に比べて、
塩分が少ないのが特徴です。
血圧が高く、塩分が気になる方に、お薦めです。
精神安定効果もあります。
きび酢の健康効果 (酢の健康・美容・万能力)

■牛車腎気丸、八味地黄丸、六味地黄丸
疲れやすく尿量減少または多尿、ときに口渇がある人
にむきます。
効能・・・老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、
     むくみ、しびれ
こちらもアンチエイジンク゛効果が期待できます。

又、にんじんにも、視力回復効果があります。
人参に含まれるβカロチンには、かすみ目にも効果があります。
真夜中でも良く見える!人参で視力UP (にんじん百科)

■牡丹エキス配合の生薬は、こちらからご覧ください。
牡丹の美容ケア用品・生薬

■クラシック音楽を聴く事で、
ストレス緩和、冷え性などの症状は抑えることが出来ます。
こちらをご覧ください。
http://www.iinaa1.net/

又、女性特有の症状を緩和するには、漢方人参の生薬も
効果があります。
http://www.ninjin.biz/

■色には、肌を美しくする美肌効果のある
色があります。若返り効果のある色もあります。
こちらをご覧ください。
【若返り効果のある色@】ピンクでアンチエイジング
(好感度をあげ成功する!色彩心理学)

牡丹・芍薬専門HP

トップページ
私の牡丹・芍薬との出会い
始めは薬だった・牡丹の歴史
侍が育てていた芍薬の歴史
高貴な家しか持てなかった牡丹の家紋
牡丹・芍薬柄の着物は、いつ着ればいいの?
牡丹・芍薬の花言葉と「立てば芍薬座れば牡丹」の意味は?
牡丹の種類と苗選びのポイント・あなたはどんな花が欲しいですか?
苗選びの参考になる!赤系牡丹の品種と特徴
苗選びの参考になる!ピンク系牡丹の品種と特徴
苗選びの参考になる!紫系牡丹の品種と特徴
外来種の多い黄色系牡丹の品種と特徴
苗選びの参考になる!白系牡丹の品種と特徴
珍しい黒系牡丹の品種と特徴
特別品種と新種の牡丹のご紹介
日本の牡丹とは一味地がう、中国品種牡丹
秋に購入した牡丹苗の育て方と植替えのポイント
【牡丹の植替え@】植木鉢に牡丹を植えよう!!
【牡丹の植替えA】牡丹にあった土・肥料は?
【牡丹の植替えB】枯れてしまわない植え方のコツ!
【牡丹の植替え・番外編】牡丹がすぐ枯れてしまう理由
【牡丹の植替えC】春買ってきた牡丹の鉢は、絶対にこうしてください!!
【牡丹の育て方@】花は、さっさと取ってしまい、お礼肥をあげよう!
【牡丹の育て方A】水遣りは、多すぎず、少なすぎず!
【牡丹の育て方B】芽かきは必ずしよう!
【牡丹の育て方C】病害虫対策も忘れずに!!(病気編)
【牡丹の育て方D】害虫対策・こんな虫が怖い!
【よくある質問@】牡丹の葉が枯れてきたのですが、大丈夫ですか?
【よくある質問A】牡丹の花が咲きません!
【よくある質問B】牡丹と芍薬の芽の違いがわかりません!
【良くある質問C】寒牡丹とは、どういう牡丹の事ですか?
【良くある質問D】牡丹と芍薬の違いは?
和芍と洋芍の違い・咲き方で見る!芍薬の種類@
洋芍に多い半バラ咲き・咲き方で見る!芍薬の種類A
上品な美しさ和芍薬の品種と特徴
香り高い洋芍の品種と特徴
色鮮やかなハイブリット芍薬の品種と特徴
素朴さで人気のヤマシャクヤクの品種と特徴
幻の黄色い芍薬を作った日本人
【芍薬の育て方@】芍薬を植える土・肥料は?
【芍薬の育て方A】芍薬の上手な植え方
【芍薬の育て方B】芍薬は株分けをしないとダメ!
【芍薬の育て方C】芍薬のかかり易い病気と害虫対策
【芍薬の育て方・番外】芍薬の花が咲かないのは?気をつけたいこと
【牡丹エキス・美容効果】女性に優しい育毛効果と美肌効果のあるボタンエキス
【牡丹皮・薬用効果】アンチエイジング効果のある牡丹皮!
芍薬の効能は、白芍と赤芍では違う!
【赤芍の薬効】血液サラサラ効果でコレステロールを下げる!!
【白芍の薬効】エストロゲンの分泌を促し、女性特有の症状に効く!
乳がんの治療に芍薬のエストロゲンは影響しないのか?、
【代表的な漢方】あっと言うまに痛みを止めたいときはこれ!!
【ペットの為の生薬】愛犬の精神安定とデリケートな皮膚の保護にお薦めです!

その他

リンク募集中